肉体改造に関する情報を記録しています。

おっさんの肉体改造備忘録

筋トレ

筋トレとダイエットどっちが優先か?

投稿日:

Pexels / Pixabay

ダイエットをするのであれば、筋トレをして筋肉の量を増やしていく必要があります。食事制限などをしていると筋肉が減ってしまう可能性があり、筋肉が減ってしまうと基礎代謝も少なくなってしまうのでリバウンドがしやすくなってしまいます。うまく筋肉量を維持して、逆に増やして基礎代謝をアップさせていくためには、筋トレをして筋肉を鍛えていくことがうまくダイエットをすることができるコツだといえます。

では筋トレとダイエット、土地らを先に行っていくと効率よくきれいな体系を作っていけるのかというと、どちらか一方をメインにするのではなく、バランスよく行っていくことが重要です。

脂肪を燃焼させていくためには、食事制限や有酸素運動が有効です。さらに脂肪の燃焼率をアップさせたいのであれば、有酸素運動をする前に筋トレをしておくと効果的です。

筋トレをすると、トレーニングをした直後から代謝が高まっている状態になります。代謝が高まっている状態を作ってからウォーキングやランニングといった有酸素運動をすると、ただ単に有酸素運動をするよりも効果的に脂肪を燃焼していくことができるのでダイエット効果も高くなります。

また筋肉を刺激してあげると、代謝がアップしている時間はトレーニング直後から最大48時間という長い時間痩せやすい状態を維持することができます。一方で有酸素運動だけの場合は、運動直後は代謝が高くなっているのですが、2時間ほどで元に戻ってしまいます。

つまりダイエットを効率よくするためには、有酸素運動をする前に筋肉を上手に刺激してあげて代謝をアップさせておくことが効果的だといえるのです。

上手に脂肪を燃焼させていくためには、筋肉を刺激してあげることが大切なのですが、腕立てやスクワットといったトレーニングでは脂肪を分解することはできますが、ほとんど燃焼させることができません。脂肪を燃焼させるのはやはり有酸素運動が必要になります。

つまりどちらを先にやるのが効果的というのではなく、どちらも一緒に行っていくのが体重を減らすこともでき筋力をアップして痩せやすい体質に変化させることにつながります。

痩せてから筋肉をつけたり、筋肉をつけてから痩せようと思うのではなく、筋肉を鍛えながら有酸素運動を行っていくと無理なく健康的に体重を減らしていくことができます。

効率的なトレーニングメニューを考えて、きれいに体を引き締めていくとよいのではないでしょうか。

-筋トレ

Copyright© おっさんの肉体改造備忘録 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.