肉体改造に関する情報を記録しています。

おっさんの肉体改造備忘録

筋トレ

自重筋トレだけでマッチョになれるのか?

投稿日:

MatanVizel / Pixabay

男性らしい体といえば、筋肉がしっかりついたいわゆるマッチョ体型ですが、マッチョになるためにはジムに通って、ウェイトマシンなどを使って、がんがん鍛えなければいけないというイメージを持っている方もいることでしょう。

しかし、マッチョにも色々な定義があり、どのようなマッチョを目指すのかによっては、家での自重筋トレだけでも問題なく目標を達成することは可能です。

例えば、女性受けの良い細マッチョを目指すのであれば、自重筋トレだけで問題ありません。

もちろん適当に腕立てや腹筋をするのではマッチョを目指すことは不可能です。

自分の体重を使ったトレーニングはジムでのトレーニングと比べて負荷が低くなってしまうので、効果を高めるポイントを踏まえて行うことが重要になってきます。

まず正しいフォームでゆっくりとした動作で、一般的な筋トレよりも回数を多く行うのが鉄則です。

トレーニングは間違ったフォームでやると、効果が落ちてしまったり、鍛えたい部分以外の部分を変に鍛えてしまうことがあります。

自重筋トレをする場合、一人でトレーニングを行う方が多いと思いますので、最初は必ず鏡などを活用して、正しいフォームをきちんとチェックすることからはじめるようにしましょう。

また筋トレというと速いリズムで行ってしまう方もいますが、自重の場合は負荷をしっかりかけるためにゆっくりとした動作で筋肉をしっかり収縮、緊張させることが必要です。その上で、回数を多くすることで、負荷の少なさを補って効果を高めることができるのです。

次にセット間のインターバルを短くするのもポイントです。

セット間のインターバルを長くとってしまうと筋肉が休んでしまい、筋肥大の効果が薄くなってしまうので、長くても30秒以内で次のセットに入るようにしましょう。

同様の理由から毎日行うのもポイントです。

ジムでしっかりしたウェイトトレーニングをする場合、筋肉の超回復を図るために1日おきなど休息が必要となりますが、負荷が小さい自重筋トレは筋肉の回復も早いので、筋肥大を目指すのならば毎日を行った方がよいのです。

ただ毎日同じ筋肉を鍛えていると、バランスの悪い体になってしまいますので、月曜日は腹筋、火曜日は腕など曜日によって鍛える部位を分けるようにするとよいでしょう。

このようにポイントを踏まえた上でトレーニングをすれば、ジムで器具を使わなくてもマッチョを目指すことはできます。ジムに通わないことで浮いた費用をプロテインなどに使えば、さらに効果を高めることができるはずです。

-筋トレ

Copyright© おっさんの肉体改造備忘録 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.